【NBANo,1の努力家】ショーンリビングストンが引退!

未分類

ショーンリビングストンといえば、近年ウォリアーズをベンチから支えた選手の1人だと思いますが、そのリビングストンが引退することを自分のSNSで発信したそうです。

正直、大スターでもなければ1試合で爆発的に活躍を魅せる選手でもありませんが、リビングストンはある悲劇から復活を遂げた選手でもあるのです。ぜひ、バスケをする皆さんに知ってほしい選手の1人です。

2004年に全体指名4位でロサンゼルスクリッパーズに高い評価で入団したリビングストンでしたが、2007年に着地に失敗し、 左膝の前十字靭帯(ACL)の断裂するという重傷を負ってしまいました。この怪我はバスケ選手にとって致命傷ではありますが、比較的多い怪我でもあるので復帰する選手もいますが、リビングストンはこの時に、後十字靭帯と内側側副靭帯を同時に断裂するという重傷を負ってしまいました。

はっきりといってNBA選手どころかバスケができなくなるような怪我だと思います。しかし、リビングストンは、リハビリを頑張って2008-9シーズンにマイアミヒートで復帰します。その後は下部組織である現在のGリーグや様々なNBAチームでプレーをして2013-14シーズンにネッツで54試合スターターに抜擢されます。

その後の活躍は皆さんご存知だと思いますが、ウォリアーズの一員として3つのチャンピオンリング獲得に貢献しました。

怪我で惜しくも引退する選手、凄い活躍をしたスタープレイヤーでもチャンピオンリングを持っていない選手もいる中で大けがをしても15シーズンNBAでプレーできチャンピオンリングを3つ獲得できたリビングストンは素晴らしい選手で周りは素晴らしい仲間たちがいたのだと思います。

ローズにしてもそうですが、大怪我をしても自分が本気になればまたコートに戻ってこれることを証明した選手の1人でした。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

よろしければクリックして応援してください。


NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ


にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました